2016/04/19

イベント:ナクバの日記念講演 - 2016年5月14日18:30 札幌市エルプラザ

ナクバの日記念講演

コーランの教えと、いわゆるイスラーム原理主義、 そしてナクバ(大災難)の克服をめざして

【講師紹介 松本耿郎 聖トマス大学名誉教授】


イスラーム思想研究のパイオニア的存在。
慶応大井筒俊彦教授に師事。 1972年にイラン留学。中国イスラーム思想研究にも積極的に取りくみ、哲学・神学・神秘主義思想に関する著述 を数多く発表している。

-----
1972 年 イラン・マシュハド大学神学部客員研究員 
1981 年 同大学準教授、教授歴任 
1991 年 国際大学中東研究所所長 ,英国ダーラム大学,
     米国ヴァージニア大学客員教授 
1995 年 英知大学(聖トマス大学)教授、図書館長を歴任 

著書 「イスラーム政治神学」未来社 1993 年。
   「 ペルシャ存在一性論集」ビブリオ書店 2002 年。
編 著 「井筒俊彦記念論文集」岩波書店 1995 年。等



【会費】500円 (学生以下は無料)

※ 予約不要

【日時場所】

2016年5月14日(土曜日)18:00開場:18:30開演 / 札幌市北区北8条西3丁目 札幌市エルプラザ2階 環境研修室


【ナクバの日とは】

「ナクバの日」とは1948年5月15日イスラエルが建国し、多くのパレスチナ人が難民となった日のことです。 また今年の5月でサイクス・ピコ協定(英・仏・露が秘密裏に中東分割案を決めた協定)から100年を迎えます。そこでこの「ナクバの日」にイスラーム思想研究の第一人者、松本耿郎さんにお話ししていただきます。
 イスラーム思想とはコーランに見られる多文化の共生・共存の教えと知恵で、いわゆるイスラーム原理主義と一線を画しています。このイスラーム思想とパレスチナの人々の思い、そしてよりよい未来の可能性を語っていただき、皆さまのご理解に役立てばと願っております。



【宣伝用チラシ(PDF)】ご自由にお使いください。A4片面

https://drive.google.com/file/d/0Byppo8KGXuBSRWU2T3V5WjlOZ00/view?usp=sharing

【FaceBook】サイト

https://www.facebook.com/events/270372213295613/



【宣伝用チラシ(JPG)】ご自由にお使いください。(クリックで拡大します)